Shanti's Organic Life

健康マニアのiHerb(アイハーブ)ブログ。グルテンフリー、グレインフリー、シュガーフリーなどなど

iHerb(アイハーブ)の使い方・注意&当ブログのおすすめ

このブログでiHerb(アイハーブ)をおすすめしている理由

このページの目次

こんにちは、Shantiです。 当ブログでは、オーガニックな化粧品や食品、健康情報などを随時アップしていますが、記事中には、「iHerb(アイハーブ)」というアメリカの通販サイトがよく登場します。

このiHerb(アイハーブ)は日本国外の通販サイトということでハードルが高いと感じられる方も多くいらっしゃると思うのですが、他のサイトで購入するよりも買いやすく、お得な商品が数多くあるため、紹介しています。

iHerb(アイハーブ) は、自然商品を販売する世界でも最も大きいオンラインショップの一つ。日本へは1996年から配送しているそうです。 さて、現在、私にとってはもうiHerbはamazonや楽天などの日本のECサイトと変わらない感覚で、生活に欠かせないサイトとなり、月に一度はポチっと使っています。

スポンサーリンク

当ブログ管理人のiHerb(アイハーブ)歴は2008年から

このブログを作るにあたり、私が最初にiHerb(アイハーブ)にオーダーした時期を確かめたところ、なんと2008年4月でした。もう随分と愛用しているんですね…。 当時はまだ日本語サイトhttp://jp.iHerb.com/も整備されていなくて、製品口コミも英語ばかり、本当に送られてくるのか、けっこうドキドキでした。

ブログの過去記事に登場するiHerb(アイハーブ)おすすめ商品

当iHerb(アイハーブ)ブログの過去記事ではこんな商品をご紹介しています!

私のiHerb(アイハーブ)のおすすめポイント

さて、私にとってiHerb(アイハーブ)のおすすめポイントは…

  • 日本では高価なオーガニック製品・オーガニック食品・サプリメントを安く購入できる
  • 製品セレクションが豊富で日本未発売の製品なども手に入る
  • フレッシュな状態の製品が手に入る
  • 海外通販とは思えないスピーディな発送
  • 海外通販とは思えない日本への送料の安さ(無料の場合もあります)
  • 日本人スタッフによるサポートがあり、トラブル対応も安心
  • 画面がamazonっぽく、おすすめ商品や商品口コミの情報が豊富

といったところでしょうか。 他の海外サイトも時々使ってはいますが、やっぱりiHerb(アイハーブ)が一番安心で楽なんですよね~。

とはいえ、いきなり海外のサイトからお買いものって不安ですよね。 私も最初はおっかなびっくりでした!

というわけで、上記のポイントを元に、iHerb(アイハーブ)について簡単にご説明します。

iHerb(アイハーブ)では、日本では高価なオーガニック製品・オーガニック食品・サプリメントを安く購入できる!

iHerb(アイハーブ)の良いところは、まず、安いこと。 ドル円の為替レートにもよりますが、オーガニックコスメが日本の半額以下で買えることも多いし、他の在米のサプリメントサイトと比べても安価なことも多いです。

iHerb(アイハーブ)オリジナルのプロダクトもあって、オーガニックのリップクリームが1ドル以下だったりします。 このリップクリームは使い心地もかなり良いですし、初回購入時には無料で購入できます! 卸元から大量に購入することにより、大幅値下げを実現しているようです。

iHerb(アイハーブ)は製品セレクションが豊富

iHerb(アイハーブ) は、世界最大の自然派オンラインショップ。 米国内に2つの倉庫(カリフォルニア州モレノバレー市、ケンタッキー州ヘブロン市)を完備し、35,000点以上もの商品を管理しているそうです。

アメリカを訪れたことのある方、Wholefoods Marketでお買い物をしたことがありますか?私はアメリカに遊びに行った際、その品ぞろえに圧倒されました。しかも安くて量も多い!!

日本だと青山のナチュラルハウスあたりが一番大きくて充実したお店だと思うんですが、アメリカでは、日本よりもサプリや化粧品、自然食品の選択肢が多いということを実感しました。 iHerb(アイハーブ)はオンラインでアメリカ発のナチュラル製品を好きなだけ買える、夢のようなサイトなのです。

日本で発売しているものもよりリーズナブルですし、日本未発売のアイテムも豊富で、コスメ以外にもナチュラルなスナック、ローフードのスナック、各種のオーガニック食品も買えます。

iHerb(アイハーブ)では、フレッシュな状態の製品が手に入る

iHerb(アイハーブ)で掲載しているほとんどの商品には、賞味期限や使用期限がありますが、お店で実際に手に商品を取って確認するように、商品の個別ページで確認できるようになっています。 日本の海外オーガニックコスメやナチュラルフードのお店の店頭では、時々ちょっと製造日から日にちが経ったものが置いてあることがあります。 iHerbだと、メーカー→iHerb倉庫→お客さま という感じで流通経路がシンプルで、よりフレッシュな製品を手に入れることができます。

iHerb(アイハーブ)は、海外通販とは思えないくらいにスピーディに発送される

iHerb(アイハーブ)の日本への平均配達時間は3~5日間ということです。 iHerbで注文するとき、私は大体到着まで1週間程度と考えています。金額、商品などに関するルールを守れば、通関に手間取ることはありません。

iHerb(アイハーブ)は、海外通販とは思えないくらい、送料が安い

日本の運送会社、佐川急便、ヤマト運輸が選べ、送料無料キャンペーンや均一料金キャンペーンもあります。

iHerb(アイハーブ)には、日本人スタッフによるサポートがあり、トラブル対応も安心

iHerbには何人か日本人のカスタマーサポートの方がいらっしゃいます。 連絡先はiHerb(アイハーブ)カスタマーサービス を参照してください。 Eメールのみなのですが、すぐに返事がきます。 液もれや破損があった場合は、スマホで写真を撮って送ると、大体の場合すぐに返金処理を進めてくれます。

iHerb(アイハーブ)は、おすすめ商品や商品口コミの情報が豊富

アカウントを作成すると、簡単にウィッシュリストを作成したり口コミが読めたりして、amazon のような作りのサイトになっていて、商品を選びやすいし、口コミを読むのもわくわくです。SSL接続なのはもちろん、その他のセキュリティにもかなり気を配っているようです。

iHerb(アイハーブ)初回オーダーの方法

まずはiHerb(アイハーブ)日本語トップページにアクセスします。 画面はこんな感じです。下の方の画像メニューは、そのときどきのキャンペーン内容などにより、頻繁に更新されます。

iHerb_com_-_Vitamins__Supplements___Natural_Health_Products

iHerb(アイハーブ)内を検索〜カートに入れる

試しに検索窓に「ビタミンC タイムリリース」と入れてみます。 iHerbはカテゴリ名の日本語対応も進めてくれているので、ある程度日本語でも 検索できます。

検索_-_ビタミンC タイムリリース_-_iHerb_com

商品写真をクリックし、商品ページに飛びます。 ここではNatural Factors, Vitamin C, Time Release, 1000 mg, 180 Tabletsを表示してみます。

こんな感じの画面です。 カートに入れるをクリックしてみます。

Natural_Factors__Vitamin_C__Time_Release__1000_mg__180_Tablets_-_iHerb_com

カートに商品が入ります。

iHerb_com_-_Shopping_Cart1

iHerb(アイハーブ)カートで送料と輸入の注意をチェック

下にスクロールしてみます。 まずは画面の左下で送料を確認してみましょう。 日本向けの発送の場合は、「Japan」を選びます。 佐川急便、ヤマト運輸、ヤマト運輸の代引きが選べます。 また、この下に、個人輸入の禁制品などについての注意書きが表示されますので、一度ゆっくりご覧になることをおすすめします。

iHerb_com_-_Shopping_Cart3

次は右側の中央部分です。 クーポンコードを入力し、コード横のアイコンをクリックして 有効化します。
初回では、コードは”ONO472”(オーエヌオー472)が利用可能です。 コードを有効化したら、チェックアウト のボタンをクリックして支払い画面へ進みます。

iHerb(アイハーブ)アカウントを作成

iHerb_com_-_Login

このように、「iHerbアカウントはお持ちですか?」と表示されます。 すでに作っている人は、左側のフォームに、まだ作っていない人は右側のフォームにアドレスとパスワードを入力し、メルマガ(日本語のページからアカウントを作ると、日本語のメルマガが来ます。)の有無を選択して「アカウントを作成する」をクリックします。

「新しい発送先の住所を作ってそれを選ぶ」という画面になりますので 入力していきます。 ※ダミーは東京スカイツリーの住所と電話です。

Checkout_-_Shipping_Address3

上の方の 「ディフォルトの配送先の住所として設定する」 「この住所は請求先の住所と同じですか?」も忘れずチェックしましょう。こんな風に、日本語で入力でOKです。「続ける」ボタンをクリックして進みます。

Checkout_-_Shipping_Address1

佐川急便を選択した場合、こんな表示が出てきます。

「佐川急便は、正確な発送先住所を必要とします。あなたの選択された発送先は、今現在、正確であることを要求されます。 御注文をこのまま確定するには、次の1つを実行してください。 左側で, 以前に確かめられた発送先を選択してください。 右側で、 郵便番号を入力し、提案する発送先のリストよりご選択ください。右側で、提案する発送先の1つを編集してください。」

画面左下にこんな表示が現れます。「新しい発送先の住所を作ってそれを選ぶ」で入力した「住所その1、町、州/県」の部分と、住所の一部分が郵便番号から自動入力されて二重に表示されているんですね。editをクリックし、これを修正します。

Checkout_-_Sagawa_Address_Verification3

二重表示になっている「東京都墨田区押上」の部分を削除して「Save&Continue」をクリックします。

Checkout_-_Sagawa_Address_Verification2

するとまた住所の選択画面になりますので、「select」をクリックします。

Checkout_-_Sagawa_Address_Verification1

代引きでなく、クレジット払いを選択している場合は、次の画面が出てきます。必要な情報を入力します。

Checkout_-_Payment_Option

画面右下の「注文する」をクリックして、注文完了です。

Checkout_-_Order_Review

おつかれさまでした!!

iHerb(アイハーブ)で個人輸入する際の注意点

iHerb(アイハーブ)はアメリカからの個人輸入です。サイトのほとんどが日本語化されたとはいえ、日本に輸入できないもの、などなど、いろんなルールがあります。 http://jp.iherb.com/info/whyiherbを熟読してからショッピングされることをおすすめします。 簡単にまとめると、下記の4点に注意す留必要があります。

  • 日本に入れてはいけないものが含まれている
  • 日本に入れる際、複雑な手続きのいるものが含まれている
  • 個人使用の範囲に収まらない、転売を目的としているように見える
  • 関税がかかるもの・関税対象の金額のものを購入している

ということを避ければ、税関でストップされたり、返品になったり、手続きが必要になったりせず、お得に個人輸入のショッピングが楽しめるわけです。 (関税や通関について詳しく知りたい場合は、いちど税関のHPを読まれることをおすすめします)

この基準をクリアするには、下記のことに注意します。

  • 商品合計が15500円以内
  • 分量の規制を守る
  • 輸入禁制品を避ける

個人の使用する範囲で買い物をしていればそんなに難しい条件ではありません。 私は2008年から一度も課税されたり税関で荷物が止まったことはありません。

iHerb(アイハーブ)では商品合計15,500円以内で買い物を!

個人輸入では、課税対象=商品代金(送料含む)の60パーセントが1万円以内に収まっていると、免税対象になります。そのラインは現在は16600円ですが、iHerb(アイハーブ)ストア内では「15500円」以内での買い物を推奨しています。 商品代金はiHerb(アイハーブ)ストア内で計算され、日本円建てで決済できます。 しかし、関税にかかわる金額は注文した日ではなく、実際に通関した日のUSドル-日本円のレートが適応されます。あまり、ぎりぎりで計算すると、課税の可能性があります。iHerb(アイハーブ)ストアの推奨金額「15500円」以内で買い物しましょう。 また、別の段ボールで送られていても、同時に税関を通ると、一つの荷物として課税対象になります。ぎりぎりで買い物した場合は、前の荷物が税関を通ってからにしましょう。 また、何度も同じものをたくさん送っていると、税関が後から課税対象ではないか?と指摘してくることもあるそうです。

参考:税関HP 週間レート

iHerb(アイハーブ)と通関の分量の規制

個人輸入では、 食品:10kgを超えないもの サプリ・化粧品:2か月分 化粧品:4個以内 というのが基本になっています。

佐川・ヤマトともに航空便は頻回あるようですが、たとえば、9kgずつを1日のうちにオーダーした場合、同じタイミングで通関することになると、税関では個人使用の範囲を上回ると判断して課税しようとしてくるケースが考えられます。 大量に購入したいときには十分に間を開けたほうが無難です。

iHerb(アイハーブ)では輸入禁制品を避けよう

iHerb(アイハーブ)では、禁制品についてシステム上で日本から買えないようになっていますが、商品数が多いので、このシステムが追い付いていない部分があるようです。禁制品が税関でひっかかってしまうと、没収されたり、他の荷物の到着まで時間がかかったり、面倒なことになりますので、注意してくださいね。 iHerbの輸入禁制品リスト(ページの下の方)を熟読されることをおすすめします。 特に引っかかりがちなのが「ヘンプ」「ヴァニラ」「ケルプ(寒天)」ですね~。製品名にそれらの名前が入っていたら、カートではじかれなくても税関でアウトになる可能性があります。要注意です。

iHerb(アイハーブ)のリスク

さて、便利で楽しいiHerbのショッピングは安全なのでしょうか。何かリスクはあるんでしょうか。いいことばっかりをお話しせず、そのあたりについてもしっかり考えてみたいと思います。

個人輸入のリスク

個人輸入=日本代理店に面倒を見てもらえない自己責任による輸入となります。通関できなかった商品に関しては、iHerbは保証してくれません。 また、カートに入るからと言って必ず通関できるとは限りません。 (日本で通関しないものがカートに入らないシステムはあるのですが、 新商品がどんどん追加され、また通関ルールも変わるので、かならず最新の状態になっていないため)

もしお客様のご注文なされた商品が輸入禁止や規制、実在しない住所、もしくは受取人不在のためにアメリカに返送された場合には商品の合計額から20%を差し引いた額を返金させていただきます。(送料は返金出来ません) それ以外にも商品を保管したためにかかった費用や返送に伴い発生した諸費用などがありましたらそれらも差し引いた金額を返金することをご了承ください。

ということです。 これは、リスクといえばリスクですが、個人輸入というものの性質を理解し、十分に注意すれば防げることですね。

返品や返金に関するリスク

返金や返品は手続きさえ踏めば可能ですし、日本人スタッフもいます。 管理人も何度か返品・返金を経験していますが、いつもスムーズでした。

商品による健康被害

一番対処するのが大変なリスクは、日本でもときどき発生する化粧品やサプリメントによる健康被害だと思います。 個人輸入で購入したもので何かの被害が発生したとき、日本未上陸の製品であったりして、日本の代理店が窓口をしてくれない場合、被害を訴える手続きも、 補償を受けたりする手続きもすべて外国とやりとりしなくてはなりません。 ただし、健康被害自体は日本でショッピングしていれば避けられるリスクというわけではないですよね。 米国は訴訟社会なので、ある面で日本よりも製造者の責任意識が高いとは考えられます。

自分の身につける・取り入れるものだから、十分に意識しよう

体につけるもの、取り入れるものを選択するわけですから、十分に意識して、また、サプリメントや化粧品が医療に代わるものではないことを十分理解してショッピングを楽しみましょう。

スポンサーリンク

まとめ:iHerb(アイハーブ)の使い方・注意&当ブログのおすすめ

  • iHerbは日本では高価なオーガニック製品・オーガニック食品・サプリメントを安く購入できるサイト
  • アルガンオイルマヌカハニーミネラルファンデなどがおすすめ
  • 日本語対応サイトだが、あくまで個人輸入なので輸入制限品や関税に注意
  • リスクを正しく理解して楽しく使おう

スポンサーリンク

公開日:
最終更新日:2016/01/10