Shanti's Organic Life

健康マニアのiHerb(アイハーブ)ブログ。グルテンフリー、グレインフリー、シュガーフリーなどなど

【徹底解説】アルガンオイルの効能と欠点|アルガンオイルおすすめの使い方

      2016/10/07

アルガンの木

アルガンオイルの効能と欠点|アルガンオイルおすすめの使い方

私がこの5年ずっとリピート買いしてる、おすすめの化粧品をひとつ上げろと言われたら、間違いなくアルガンオイルです。
2000年代から、コスメの世界でホホバオイル、シアバターを皮切りにアルガンオイル、ヘンプオイル、ボラジオイルなどなど、機能性の高い植物油脂が話題になってきました。
それぞれに一長一短があると思うのですが、私はアルガンオイルが気に入っています。旅行にも欠かさず持って行きます。

このエントリではアルガンオイルの効能・使い方、気になるデメリットについても余すところなく語ってみたいと思います。

このページの目次

スポンサーリンク

アルガンオイルの効能・ここがすごい

モロッコ原産のアルガンオイルは「抗酸化力、活性酸素の除去が強い」オイルで、皮膚を癒す効果が強いオイルと言えます。 モロッコ現地では、古来から貴重なものとして食用・外用ともに利用されてきました。

【アルガンオイルの効能・すごいところ】その1:成分が良い

この「抗酸化力、活性酸素の除去が強い」効能は、アルガンオイルに豊富に含まれるオレイン酸と天然ビタミンEによるものと言われています。 特にビタミンEはα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)トコフェノールの4つの構造のすべてを含み、特にγ-トコフェロールを多く含んでいます。

※参考:アルガンオイルの成分

通常、ビタミンEといえばα-トコフェロールを指すことが多いのですが、サプリメントの世界では、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)のすべてを含む天然ビタミンEが高く評価されており、アルガンオイルは理想のオイルといえます。

また、特に多く含まれる「γ-トコフェロール」は、美肌成分として最近注目されているそうです。

【アルガンオイルの効能・すごいところ】その2:全身に使える・いつでも使える

アルガンオイルを使っていて驚くのは、「刺激が少ない」ことと「強い浸透力がある」ことです。
食用にもなるオイル(※皮膚用のオイルはそれ用に精製度が高くなっているので、食用を流用することはあまりおすすめしませんが)なので口の周りもOK。目の周りにも使えます。

髪の毛やつめの生え際に使ってもベタつかず、使用感が大変良いです。また、クオリティの良いオイルはにおいも気になりません。古来日焼けのケアに使われてきた歴史もあり、光毒性は低いと考えられています。
ですから、いつでもどこにでも使えるんです。

※光毒性とは:日光に当たると反応して日焼けや肌荒れの原因となる性質です。
柑橘系のオイルなどが有名で、そういった成分を配合した化粧品は朝使わないで夜に使うように、ということになっていたりします。レモンでパックをした後に日光に当たらないように、なんていう話が有名ですね!

使い方のあれこれについては後述したいと思いますが、私の使っているACURE Organicsのオイルには”5 in 1 Oil”と書かれていて、こんな風に書いてあります。

  • フェイス用美容液
  • 身体 + デコルテのマッサージオイル
  • ヘア用美容液
  • 手 + 甘皮リペア
  • ひじ + かかとの乾燥をケア

【アルガンオイルの効能・すごいところ】その3:コストパフォーマンス最強

というわけで、1本で何でも使えてしまうので、コストパフォーマンスが超・高いのです。旅行に持っていくとホントに便利。 5 in 1のそれぞれを別々に持っていっていたりしたら、めちゃくちゃかさばりますが、アルガンオイルならほんの小瓶1本で何にでも使えます。
しかもハイクオリティのアルガンオイルは、少量で伸びが良いので、大量に持ち歩く必要はありません。栄養が超・濃縮されているオイルと思っていただければ。 ハイクオリティのアルガンオイルを安く入手する方法や、おすすめのオイルについても、後述したいと思います。

アルガンオイルの欠点

さて、ここまでベタほめだったアルガンオイルですが、やっぱり気になる点もあります。

アルガンオイルが合わない人はにきびが悪化する危険がある

アルガンオイルに多く含まれる「オレイン酸」ですが、一般に、にきびの原因菌と相性が良いと言われています。 ただし、「オレイン酸」は足りない肌にもニキビができることがあります。
いわゆるインナードライ肌、乾燥肌にプツっとできるタイプのニキビがオレイン酸不足によるニキビと言われています。 そういったニキビには「オレイン酸」を与えてあげると改善するケースもあると言われています。
ニキビができやすい肌質の人は、注意して使用する必要があるでしょう。

アルガンオイルと粗悪品の問題

アルガンツリー(アルガンの木。果実の中の種子からアルガンオイルを採取します)は、年々減少していて、絶滅の危機にあると言われています。
しかも、そんなアルガンツリー1本から採れる量もきわめて少ないのです。 このところ、美容業界で人気を博してしまったため、粗悪な品物も出回っているようです。
本物のアルガンオイルは黄金色をしており、ナッツのような香りがしていて、酸化臭がしないものです。 おすすめブランドを後述しますので、参考にしてください。

フェアトレードの問題

ここ数年でアルガンオイルをはじめ、シアバターなどの希少なオイルが人気となっていますが、それらのオイル原料はアフリカなどの発展途上国で製造されていることが多くあります。
そういった発展途上国では、日本をはじめとする先進国に比べて物価がかなり安く、そして、そこに住む人たちはきちんとビジネスの教育を受けていないことがあります。
そうすると、どうなるかといえば、不当に安い値段で原材料を買い取って、先進国で高く売って利益を大きくする、ということが行われていることがあります。 これを問題視し、原材料を供給する地元の人たちにとって、公正に貿易を行おう、とするのがフェアトレードです。 アルガンオイルについても、フェアトレードの製品を選びたいものです!

おすすめのアルガンオイルの使い方10選

さて、ここまでアルガンオイルの魅力と危険性?弱点について述べてきました。 すでに、ACURE Organicsのオイルの”5 in 1 ”について述べました。こんな感じですね。

  • フェイス用美容液
  • 身体 + デコルテのマッサージオイル
  • ヘア用美容液
  • 手 + 甘皮リペア
  • ひじ + かかとの乾燥をケア

この5つを中心にどんな使い方ができるか見ていきましょう!

アルガンオイルの使い方その1:アルガンオイルをフェイス用美容液として使う

アルガンオイルは、皮膚をやわらかくし、その後に付ける化粧水などの浸透性を良くする、いわゆる”ブースター”として使えることが特徴です。 お風呂上りや洗顔後に何滴か手のひらにとって、やさしく顔に伸ばします。
リンパの流れに沿って軽くプッシュしたり、パーミング(まぶたを手のひらで覆う)したり、リラックスして伸ばしてあげると良いでしょう。
デリケートな目元の皮膚でも使えるオイルです(もちろん個人差がありますので、刺激を感じる人は使わないほうが無難)。オイルの効果で皮膚が柔らかくなったと感じられたら、化粧水をつけて、乳液や美容液などのお好みのケアに移ります。

アルガンオイルの使い方その2:アルガンオイルとスチーム美顔器でセルフエステ

私はアルガンオイルをのばした上で、スチーム美顔器を使ったりします。
アルガンオイル+スチーム美顔器はとってもリラックスできるし、目に見える効果が出やすいので本当におすすめです。私は1日5分の使用で毛穴が小さくなりました。 スチーム美顔器は使いおわってから収斂化粧水やアイスパックを当てるなどして毛穴を閉じさせてあげると良いそうです。
美顔器って高いイメージがあると思いますが(詐欺的な意味で・・・) Panasonicから出ているこれは1万円程度です。普通の量販店やAmazonで購入可能。 私は以前のモデルを10年以上前に購入しましたが、まったく壊れる気配はありません。 これがあれば普通の化粧品が高級品のごとく、高級品はさらに良くなると言っても過言ではありません! 買っておいて損はないですよ~。

アルガンオイルの使い方その3:アルガンオイルで身体 + デコルテのマッサージ

身体 + デコルテのマッサージ、といいますが、実はアルガンオイルは、大変浸透性が高いオイルなので、あんまりマッサージオイルとしては向いていない・・・という印象です。
しかし、伸びが良いオイルでもあるので、デコルテ、首、手のひらなどの狭い範囲を軽くツボ押ししたりしながらマッサージするには良いと思います。

アルガンオイルの使い方その4:アルガンオイルをヘア用美容液に

アルガンオイルは髪の毛に良いんですよね。浸透力が高いのでベタつかないのもいいところ。 洗い終わった髪の毛先にアルガンオイルをつけてからドライヤーで乾かすと、毛先に栄養を与え、保護してくれる効果があります。

アルガンオイルの使い方その5:アルガンオイルでヘッドマッサージ

数滴指の腹に伸ばして頭皮をマッサージしてからシャンプーすると、頭皮がふかふかになります。頭皮と顔はつながっていますので、頭皮をケアすると顔も引き締まり、アンチエイジングになりますよ。

その6:アルガンオイルでハンドケア + 甘皮リペア

アルガンオイルは軽く数滴たらして、ハンドマッサージをしたり、甘皮にすりこんだりすると良い感じにハンドケアできます。わざわざ専用のオイルを買う必要はありません。 お休み前にケアしてから手袋をする、という使い方もおすすめです。

アルガンオイルの使い方その7:アルガンオイルでひじ + かかとの乾燥をケア

ひじやかかと、ひざなどの乾燥が気になるときは、お風呂上りにすり込んでおくとツルツルになりますよ。

アルガンオイルの使い方その8:アルガンオイルでリップパック

私が好きなのがリップパック。 アルガンオイルを数滴リップに塗り、サランラップでフタをして数分置きます。 唇がかさかさしがちな秋冬に。

アルガンオイルの使い方その9:アルガンオイルをパックに混ぜる

アルガンオイルですが、フェイス・ボディ用のクレイパックやヘアパック、化粧品に1~数滴たらしてあげると、なんだか仕上がりがしっとりして、良い感じになります。 私のおすすめのパック(ヘアにも使える)はこちら。どちらも単品でもとぅるとぅるのしっとりすっきりです。

■ガスール同じモロッコ原産ということでアルガンオイルと相性が良い気がします。

■フレンチ・グリーン・クレイ 泥パックの女王様はやっぱりフレンチ・グリーン・クレイ。 iHerbなら安価に入手できちゃいます。

iHerbのフレンチグリーンクレイ

アルガンオイルの使い方その10:アルガンオイルをお風呂に入れる

贅沢ですが、アルガンオイルを10滴~20滴くらい、お風呂に垂らします(他のお気に入りのアロマオイルなんかも入れてOKです!)。全身がもちもちになります。

スポンサーリンク

おすすめのアルガンオイルのブランド

さて、最後にいよいよ私のおすすめのアルガンオイルをいくつかご紹介したいと思います。すべてオーガニック認証ありです。

ACURE Organics, Moroccan, Argan Oil Treatment, All Skin Types

ACO-00220-6

私がiHerbで何回リピート買いしてるか知れないのは、このACURE Organicsのアルガンオイル。素晴らしい黄金色とナッティな香り、最高のコスパのオイルです。ハイクオリティのオーガニック製品は、やはりiHerbが一番です。

メルヴィータ(Melvita) ビオオイルアルガンオイル

こちらもハイクオリティなフランスのブランドメルヴィータ(Melvita)のアルガンオイル。 ACUREよりもコスパがいいこともありますよ。(分量がACUREよりも多い50mlです。)

公式サイトからの購入は下のバナーから。メルヴィータ(Melvita)は全国にお店もあるので、店頭で試したり、使い方を相談することもできます。
アルガンオイルから派生した商品やお得なセット商品があり、半額キャンペーンなどを行っていることもありますよ。

アルガンオイル

ジョンマスターオーガニック(John Masters Organic)アルガンオイル

日本でも有名なオーガニックコスメブランド、ジョンマスターズオーガニック(John Masters Organic)のアルガンオイルも、最高の品質のものです。こちらは59mlです。公式通販よりも並行輸入品の方がお得です。

John Mastersの商品については、送料無料のベティーズビューティー が最安の場合もあります。 ジョンマスターオーガニック アルガンオイル| Betty’s Beauty

リュミエールブラン グラース アルガンオイル

こちらは発売元が日本の会社です。定期購入やまとめての購入でお安くなるようです。

アルガンオイルを比較してみました(2016.9追記)

手持ちのアルガンオイルを比較してみました。

Arganoil

メルヴィータのオイルが手元にないときに撮ったもの。(2016.6)

アルガンオイル比較

こちらが、リュミエールブラン、メルヴィータ、ACUREの比較になります。

一番粘り・色・香りが薄くてさらっとしているのは、ジョンマスターのアルガンオイルで、次がリュミエールブラン、次がメルヴィータ、ACUREは一番とろりとしており、色も黄色いです。

おそらくは精製方法、原料の微妙な違いからこの違いが出ています。ジョンマスターは元々ヘアケアブランドですが、ヘアオイルとして使いやすいサラサラ感があります。
ACUREは乾燥肌の方にフィットする気がしますが、とろりとしていて、伸びにくいとも言えます。
リュミエールブランはヘアオイル・お肌のお手入れにもどちらにも使いやすく、伸びも良い、いいとこ取りのオイルである感じがします。メルヴィータはACUREとリュミエールブランの間くらいですが、ボトルが使いやすく、化粧品としてこなれている印象です。さすがフランスのブランドですね。

一般に、精製度が高いオイルは、栄養成分がより少なくなりますが、反面、酸化しにくく、アレルギーなどを起こしにくいです。肌の弱い方、ニキビの出来やすい方はさらっとしたアルガンオイルから少しずつ試されるのが良いと思います。
季節で使い分けても良いかもしれないですね。

ハイクオリティなアルガンオイルを入手して、楽しい美容生活を!

スポンサーリンク

 おすすめ情報

【無料、キャッシュバックも】お得に国産コスメを試す方法

ポイントサイトを経由で割引、無料、もしくはキャッシュバック付きで …

ANAマイルを搭乗なしで月18,000マイル貯める裏技

その方法とは、ポイントサイト(お小遣いサイト)を使う …

 - 美容情報★